予想外だらけのRIZIN33。八百長? あり、純粋なMMAあり、最強幻想あり、ベラトール表明あり。シバター、天心、パク・シウ、サトシ、カズJr.その他感想

予想外だらけのRIZIN33。八百長? あり、純粋なMMAあり、最強幻想あり、ベラトール表明あり。シバター、天心、パク・シウ、サトシ、カズJr.その他感想

2021年12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われたRIZIN33を現地観戦したのは先日申し上げた通り。
勝敗予想をした試合についての感想はすでに申し上げているが、今回はそれ以外について。
 
RIZIN33現地観戦感想。朝倉海、井上直樹を下して扇久保が優勝。元谷vs金太郎のリザーブファイト。予想外が山盛りの2021年大晦日
 
前回もちょろっと申し上げているが、この大会は個人的に予想外の出来事が多くいろいろな意味で印象に残っている。
勝敗はもちろん、それに付随する部分でも。


というわけで、今回はRIZIN33の中で特に印象的だった試合についてあれこれ感想を言っていくことにする。
 
RIZIN35現地観戦感想。久々のケラモフに期待の上田幹雄、圧倒的陽キャのスパイク・カーライルその他。ついでにグスタボvs矢地の感想も
 

第1試合:○三浦孝太vsYUSHI×(1R3分TKO)

まずはサッカー三浦知良の次男、三浦孝太がホスト崩れ? のYUSHIに1RTKOで勝利した試合について。
 
率直な感想としては、それ逆だろお前と笑
 
開始のゴングとともにスーパーマンパンチで飛びかかり、その後も得意の打撃でゴンゴン攻めるYUSHIに対し、三浦孝太は落ち着いてカウンターを返しつつ首をキャッチしグランドの展開に持ち込む。
 
一度は脱出したYUSHIだったが、今度はサイドに回られ腕十字を極められる。
それでもなお粘るものの、最後は上からパウンドを落とされまくってレフェリーストップ。
 
イロモノ扱いだった三浦孝太の実力の高さに驚くとともに、勢い任せで特攻したYUSHIの撃沈っぷりに「そっちかよ笑」となった次第である。
 
 
・華々しい見た目とド派手な入場
・開始直後の全力疾走から30秒でバテバテ
・経験が上の相手にしっかりとMMAで極められ敗北
・でも、華やかさもあるし次も観たいと思わせる
 
イロモノではあるが、可能性を感じさせる散り方で次を期待させるまでが定番の流れ。
本来であればこれは三浦孝太がやる側だったのに。
 
それがまさかの……。
経験が上の(はずの)YUSHIがその役回りを務めるとは笑
 
三浦孝太が思った以上に“ちゃんとしていた”のもそうだが、「つかみ」としての役割を十二分に果たしたYUSHIにも驚かされた試合だった。
 

第7試合:×皇治vsYA-MAN○(判定0-2)

この試合は予想外というより、普通に想像の範囲内だった。
 
1Rに「頭が当たりそうだなぁ」と思っていたら案の定ゴッツンコ。
YA-MANの回転力になかなかついていけない皇治だが、持ち前の打たれ強さと気持ちの強さを発揮して反撃を試みる。
 
十分見応えのある試合だったし言われているほど皇治は悪い選手ではない。
と言いつつ、武尊や那須川天心をどうこうできるほどでもない。
 
どちらにしろ両者ナイスファイトだった。
 
那須川天心vs皇治感想。リスクを背負ったのは那須川天心だし、皇治はホントにおいしい試合だった。K-1を離脱した行動力は素晴らしいけど
 

第11試合:×浜崎朱加vs伊澤星花○(2R2分50秒TKO)

この試合は浜崎朱加のセコンドに藤井恵がつくと聞いた瞬間に浜崎を応援する選択肢が消滅した一戦。
 
相手の伊澤星花のことはまったく知らないが、とにかく藤井恵の鼻を明かしてもらいたいなと。
 
で、結果は伊澤星花の文句なしの圧勝。
伊澤のグランドに浜崎は手も足も出ず。
藤井恵が疫病神だったんじゃないの? というくらいの一方的な展開だった。
 
 
以前から何度か申し上げているが、僕は藤井恵のことが大嫌いである。中継で声を聞くだけでもイラつくくらい、頭のてっぺんから足のつま先まで大嫌いである。
 
2014年の大晦日興行で退場間際に中指を立てた青木真也にヒステリーを起こしていた記憶があるが、その際の見苦しさと言ったら……。
 
「青少年の育成、子どもの教育にふさわしくない」等の理由で青木を痛烈に批判していたわけだが、誇張抜きであの見苦しさは筆舌に尽くし難いものがあった。
 
僕は基本、理論武装のために「子ども」というフレーズを用いる人間を信用しないことにしている。
もともと藤井恵のことは好きではなかったが、この一件で完全にアウトになった次第である。
 
さらに2019年大晦日の浜崎朱加vsハム・ソヒ戦。
試合前に浜崎の控室を訪れた藤井恵が、浜崎と握手をかわしながら「ハムちゃん、さっきハグしたらかなり大きかったよ」などとほざく暴挙に。
 
その日の解説を務める人間が何のためらいもなく片方の選手に入れ知恵をする。この事実に僕は心底唖然としたし、同時に「この人は信用できない」と感じた当時の直感が間違いでなかったことを確信した瞬間でもあった。
 
盛りだくさんの大みそかRIZIN20感想。美憂、ハム・ソヒ、未来、天心、ケイプ。今までで一番の見ごたえ
 
今回、ゲストとして招かれた中川翔子が「コメントが中立じゃない」と批判を受けていたらしいが、いやいや、そこは別にいいだろ笑
 
藤井恵なんて、解説者の分際で浜崎朱加の勝利に実況席で大号泣しとんねんぞ。
中立どうこうの理由で批判するならまずはコッチだろと。
 

第12試合:×RENAvsパク・シウ○(判定0-3)

打倒極すべてでRENAを上回ったパク・シウが下馬評を覆して勝利した一戦。
 
RENAが普通に勝つ(パク・シウを知らなかった)と思っていた僕にとってもこの結果はなかなかの“予想外”だったことを報告しておく。
 
内容としては、上記の皇治同様パク・シウの回転力についていけないRENAがスタンドでアドバンテージを作れず、グランドの展開でも劣勢を強いられた試合。
と同時に、全局面で高水準なMMAファイターっぷりを見せたパク・シウの強さが光った3Rでもあった。
 
 
なお、試合後のパク・シウにキックボクサーのぱんちゃん璃奈がキックルールでの対戦を表明→ど正論で断られる一幕があったが、こういうのはホントにしょーもない。


僕はもともとMMAファイターに絡んでおきながら自分の土俵から出ようともしないキックボクサーが好きではないのだが、今回の対戦要求はその中でもトップクラスにしょっぱかった。
 
この試合のパク・シウは井上直樹、朝倉海を下した扇久保博正と並んでこの日もっとも“純粋なMMA”で勝利したファイターである。
 
スタンドの打撃で上回り、タイミングを測ってタックル。グランドで常に有利なポジションをキープし、コーナーでのもみ合いでも優位性を発揮しての判定勝ち。
 
自分のストロングポイントを活かしつつ、相手の苦手分野で優勢を保つ。
セオリー通りの組み立てによる見事な勝利というヤツ。
 
あれだけ高純度のファイトを見せたMMAファイターに対し、試合直後にキックルールで対戦要求するなどガチでお話にならない。
 
心ない批判を浴びたり、挫折を味わいつつも5年以上MMAでがんばってきたRENAを純正のMMAファイターのパク・シウが下すという構図だったこともあり、ぱんちゃん璃奈のとんちんかんさは余計に際立った。
 

第13試合:△那須川天心vs五味隆典△(2R勝敗なし)

え? もしかして那須川天心、サウスポー苦手?
五味隆典も途中から明らかに「あ、こっちの方がイケるわ」ってなってたよね?
 
まあでも、アレか。
パンチのみ&サウスポー同士の対戦なんて、これまでそうそう経験していないだろうしある程度は仕方ないのかな?
 
 
ついでに言うと、那須川天心ってホントに仕事を選ばねえなぁと。
 
煽りVでRIZINでのキャリアをざっと振り返っていたが、とにかく一度引き受けた仕事は常に全力で取り組むスタンス。
この5年間RIZINのおもちゃにされ続けた感もあるが、どんな状況でもいっさい手を抜かない、どれだけダサかろうが前向きな姿勢を崩さない姿はカッコいいとすら思える。
 
逆に仕事を選ぶタイプの代表格は間違いなく平本蓮。
自ら退路を絶ってMMAに飛び込んだり、注目を集める発言を繰り返したりと個人的に嫌いではないのだが、そろそろ目に見える結果もほしいところ。
ダサいことが死ぬほど嫌いなのもわかったが、現状の粘着質丸出しの遠吠えツイッタラーのままだとさすがにしんどくなってくる。
 
あの微妙なマイクなどを見せられると、那須川天心の意味不明な前向きさ、仕事を選ばないスタンスとはガチで対照的だなぁと思わされた。
 
那須川天心vs風音戦感想。天心の勝ちで問題ないと思うけど、攻略のネタが揃いつつあるのが…。これは武尊有利に傾きつつあるんじゃない?
 

第15試合:○ホベルト・サトシ・ソウザvs矢地祐介×(2R3分30秒タップアウト)

この試合は改めてサトシの強さが証明されたというか、RIZINライト級の中では頭一つ抜けていることを知らしめた一戦だった。
 
打倒サトシの可能性があるとすればやはりトフィック・ムサエフだが、前回の秒殺劇を考えると隔離期間等のないベストなコンディションが要求されることも間違いなさそう。
 
サトシ・ソウザがムサエフに速攻一本勝ち。ムサエフが「ヤッパリUFCダヨ! RIZINクソダヨ」にならないといいけど…
 
一方、敗れた矢地祐介も前回に比べて成長が見られたし、山ほど研究してこの試合を迎えたというのも伝わってきた。連敗続きでどん底だった時期からは考えられない向上である。
 
ただ、それでもサトシ相手には関節地獄から逃れるので精いっぱい。勝利を目指すというより“一本を取られないこと”が目的化していた印象。
 
 
また試合後にサトシがベラトール挑戦希望をコメントしていたが、これまたクレバーだなぁと。
 
正直、今のサトシならUFCとの契約も夢ではないとは思うが、立場を考えると扱いはどうしても低くなる。
 
今のUFCライト級は
王者:チャールズ・オリベイラ
1位:ジャスティン・ゲイジー
2位:ダスティン・ポワリエ
3位:ベニール・ダリウシュ
4位:イスラム・マカチェフ
5位:マイケル・チャンドラー
と、正真正銘化け物の巣窟。
 
下手に挑戦してキャリアをぶっ壊されるよりも、RIZINに軸足を置いたまま(王座を保持したまま)ベラトールの中堅あたりをつまみ食いする方がお得と考えても決しておかしくはない。
 
それでもセルジオ・ペティスに失神させられた堀口恭司の二の舞も十分考えられるが。
 
堀口恭司vsセルジオ・ペティス感想。堀口1発KO負け…。でも、いい試合だったし満足度は高い。堀口の鈍感力には感心するよね
 

第6試合:○シバターvs久保優太×(1R2分16秒ストップ)

この試合は勝敗云々はもちろんだが、今は試合後のゴタゴタの方が話題になっている状況。
 
数日前にシバターがSNSでブックを持ちかけ久保優太がこれを了承。ところが予定していた流れをシバターに反故にされ、一本負けを喫した久保が裏側を暴露したとかなんとか。
 
 
これに関しては失望したとか裏切られたというよりも「あ〜あ、やっちまったか」の思いが強い。
 
シバターがブックを持ちかけたこと、久保がそれを了承したことが本当だったと仮定して。
さすがにこれはアウトというか、超えてはいけない一線を完全に超えている。
 
自称「頭いいマン」がひろゆきのようなトーンでシバターを擁護する姿をいくつか見かけたが、どれだけ反対側から理屈を並べられても「いや、ちょっと無理があるだろ」としか言いようがない。
 
シバター本人が自身のチャンネルで「久保はプロの格闘家として絶対受けちゃダメでしょ」と言っていたものの、その数分後に「格闘技はある意味殺し合い」「どんな手を使っても勝ちにいくもの」などとほざき出す始末。
ボクシングの世界では対戦相手に毒を盛ることもあるとかないとか。
 
「プロの格闘家ならブックを受けたら絶対ダメ」と断言した直後に「どんな手を使っても勝ちにいくのが格闘技」とのたまう。
それっぽいことを言っている感を出してはいるが、誰がこんなもんに納得すんねんと笑
 
 
シバターのような人間を起用したRIZINにも問題がある的な意見も散見されたが、それこそ極論すぎる。
 
RIZINの舞台が個人のYouTube企画とは一線を画す、試合前に対戦相手に八百長(と言っていいのかは知らん)を持ちかけるなどもってのほかというのはすべての大前提。
そんなもん、いい大人なんだからわかるでしょという話である。
 
何年か前に店の食べ物で遊ぶ動画をSNSにアップする“バイトテロ”が話題になった際にも「バイトを安く雇う側にも問題がある」「しっかりと賃金を払えば低レベルな輩は集まらない」という風潮が見られたが、いや、バカじゃねえのと。
 
アルバイトということは、恐らく年齢は10代後半以上だと想像する。
 
「店の商品をおもちゃにしてはいけません」
「食べ物を扱う店で不衛生な行動は慎みましょう」
「それをSNSにアップするのはダメです」
 
10代後半にもなればこの程度の常識は身についていて当たり前というのが採用側の大前提である。
その当たり前を雇用側(運営側)に責任転嫁するなどお門違いも甚だしい。
 
木村花選手の逝去に思うこと。いくら考えても誹謗中傷? 罵声? を浴びせた人間が最悪としか思えないんだよな。番組側の姿勢を見直すべきってのはもちろんとして
 
大相撲で大々的な八百長問題が発覚したのが2011年。あれから10年経つというのにいまだにこんなことをやっているのかと愕然とさせられる。
 
 
“プロとしての大事な部分”を切り売りしてのエンタメ化、話題優先の金儲けマッチがそこまで悪いとは思わない。
 
YouTuberが格闘技の舞台に上がる光景は2000年代にプロレスラーがキックや総合に挑戦したアレと似た感覚で観ればいいと思っていたが、どうやら少し違った。少なくとも彼らは「どんなルール、競技でもプロレスラーは最強」の幻想に果敢に挑戦していたわけで(真相はよく知らん)。
 
「シバターがやっているのはプロレスだから」というのであれば、あまりにプロレスラーを舐めすぎである(真相はよく知らん)。
 

Advertisement

 

 

 

 

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!