ラグビー「日野レッドドルフィンズ」がスナックで乱痴気騒ぎ→無期限活動停止を発表。ムカつき過ぎて吐きそう。回転寿司でやらかしたガキよりはるかにタチが悪い

ラグビー「日野レッドドルフィンズ」がスナックで乱痴気騒ぎ→無期限活動停止を発表。ムカつき過ぎて吐きそう。回転寿司でやらかしたガキよりはるかにタチが悪い

ラグビー、リーグワン2部に所属する「日野レッドドルフィンズ」が2023年2月3日、オンライン会見の場で無期限の活動停止を発表した。


発端は2月1日に週刊文春が報じたスナックでの乱痴気騒ぎについての記事。
合宿を終えた選手が大分県別府市のスナックを訪れ店員の身体を触る、グラスなどの備品を壊す、レジを勝手に開ける等の騒ぎを起こし、店側から賠償金300万円を請求されたとのこと。
 
さらに記事によると、店側にチーム名を聞かれた際に1部所属の「三菱重工相模原ダイナボアーズ」を名乗り、後日店から三菱重工に連絡が入り嘘が発覚。


これを受けたチームスタッフは当日店にいた選手から10万円ずつ徴収し、事態の収拾を画策。「もし表に出たらラグビー部は一気に潰れる」「払わない場合は社員選手は退社、プロ選手は契約を解除する」と口止めとも取れる指示を出していたという。
 
なお日野レッドドルフィンズは2月3日のオンライン会見の場で謝罪とともに報道の一部が事実とことなることを指摘している。


 

回転寿司でやらかしたガキがSNSで晒し上げられてるけど、こっちの方がはるかに悪質ですよ

ラグビー、リーグワン2部に所属する「日野レッドドルフィンズ」の選手が起こした乱痴気騒ぎ。
 
世間では回転寿司の大手チェーン店での愚行をSNSにアップした少年がやり玉に挙げられているが、その裏でひっそりと報道された話題である。
 
ただ、記事を読む限り悪質度ではこちらの方がはるかに上(だと思う)。
 
正直、回転寿司の件は「また馬鹿が爆誕したのか」くらい(僕の中では)の認識なのだが、スナックで大暴れしたラグビー選手に関してはムカつき過ぎて言葉にならないレベル。胸糞悪いを通り越して全員この世から消滅してほしいくらいである。
 
せっせと他人のプライバシーを暴いて多人数で1人を攻撃するのも結構だが、そのパワーの何%かをこの馬鹿どもに向けたらいいんじゃない? と思ったり、思わなかったり。
 
木村花選手の逝去に思うこと。いくら考えても誹謗中傷? 罵声? を浴びせた人間が最悪としか思えないんだよな。番組側の姿勢を見直すべきってのはもちろんとして
 

スポーツが人間形成に役立つなど詭弁だと何度も言ってるだろ。東京オリンピックでも似たようなことがあったし

以前から何百回と絶叫しているが、僕はスポーツが人間形成に役立つなど詭弁中の詭弁だと思っている。
 
むしろ運動ができる人間はそうでない人間を見下す傾向が強い。さらに運動神経がいい人間には群れるのが大好きな陽キャタイプが多く、コイツらが集まると必然的に集団心理が加速する。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ではないが、この集団心理がマイナス方面に向かう局面はめちゃくちゃある。
 
 
2021年の東京オリンピックでもオーストラリアの代表選手(サッカー、ラグビー)が帰りの飛行機で酒に酔って大騒ぎ→添乗員の制止も聞かず酒を持ち出す、トイレで嘔吐といった迷惑行為を起こしたことが報道されたが、要するにそういうこと。
 
東京オリンピック2020総括。競技を1秒も観ていない僕が今回のオリンピックを評価する。アスリートファーストという言葉が世界一嫌いになった
 
スポーツが人間形成に役立つなど冗談じゃない。むしろ平気で他人を見下す傲慢な人間を生み出し、集団心理によって歯止めが効かなくなる無法者軍団の形成に一役買っていると断言できる。
 
一応言っておくと、スポーツに携わる人間が総じてゴミだなどと言う気はない。彼らの中にも少なからず人格者は存在するし、僕も何度となくその精神性に感心させられている。
 
ただ、それはスポーツをやっていたからではなくあくまで個人の資質によるものだと申し上げている。
 
 
「いじめられっ子はスポーツをやれば解決する」
「地域のサッカーチームに入れば気の合う仲間に出会える」
「勇気を持ってジムに入会すれば……」

僕はこの「困ったらスポーツをやればいい」的なスポーツ万能説が死ぬほど嫌いである。
 
スポーツをやれば気の合う仲間に出会える?
いじめから脱却できる?
 
笑わせんなよ。
スポーツの場で傷ついた経験もないヤツがわかったようなツラで強者の理論語ってんじゃねえぞ。
 
 
そして、今回の日野レッドドルフィンズの件で僕の主張が再び証明されたわけである。
 

アスリートファースト? 笑わせんな馬鹿。あんなヤツらを守ってやる必要なんかどこにもねえって

また僕は「アスリートファースト」という言葉も大嫌いなのだが、こういう事件が起きるたびにお前ら何様だよと思わされる。
 
僕が「アスリートファースト」という言葉が好きではない理由。それをまさかセルジオ越後が言語化してくれるとは
 
普段、スポーツ観戦をしていると
「選手が主役」
「選手が競技に集中できる環境を」
「大人の事情で選手の活躍の場を奪うな」
といった主張がちょくちょく聞こえてくる。
 
要するに運営の稚拙さや無神経なファンによって選手が邪魔をされる、知名度アップの宣伝活動に手いっぱいで練習に支障が出る等 、競技だけに集中できない境遇の選手を憂う意味での言葉である(本当の意味は知らん)。
 
だが、それが行き過ぎると「選手は悪くない」「選手のためを思えば」などと過剰に選手を持ち上げる流れが生まれる。
で、いつの間にか選手にプレーだけでなく人間的な資質まで求めるようになる。
 
いやいやいやいや。
その競技がどれだけ上手くたってクズはクズだし馬鹿は馬鹿だぜ?
それどころか、スポーツ選手って他人を平気で見下すような歪んだ人間がめちゃくちゃ多いからな。
 
ガキの頃からチヤホヤされてきた分、増長してるんだよアイツら。
なぜなら馬鹿だから。
 
 
アスリートファースト?
選手は悪くない?
 
しょうもな。
 
これ以上馬鹿どもを持ち上げてどうすんだよ。
「選手が競技に集中できる環境を」じゃねえんだよ笑
 
しかも回転寿司でやらかしたヒョロガリと違ってこっちはゴリゴリのラグビー選手(集団)である。
少し前に歌舞伎役者の香川照之が夜の店での愚行をすっぱ抜かれて叩かれていたが、同じ乱痴気騒ぎでも50オーバーのチビよりも屈強なラグビー選手(集団)の方がタチが悪いのは当然である。
 
こんな馬鹿どもをアスリートファーストなどといった安い言葉で守ってやる必要はどこにもない。
 
 
繰り返しになるが、SNS上で集団で個人を追い詰める暇があるならそのパワーの何分の一かでもこっちに向ければいいのにと思う。
 

スポーツ選手なんてしょせん図体がデカい幼稚園児だから。自分が他人よりも身体が大きい、体力があることを自覚して生活しろ馬鹿

いや、ムカつく。
ホントにムカつく。
 
僕は基本、スポーツにおける正々堂々などクソ食らえだと思っている。
相手を騙す、裏をかくなどすべての競技における大前提、極論バレなければ意図的な反則すらも気にならない。
 
勝負の世界ではそれくらいの姿勢が必要だと思っているし、ある意味「勝つためなら何をしてもいい」舞台だと認識している。
 
 
だが、社会の中ではまったく別。
僕はスポーツ選手が一般社会に迷惑をかけることが心底嫌いである。
 
むしろ人よりも身体が大きい、体力があることを自覚して生活するべき。
 
よく格闘家、元格闘家が「『格闘家は暴力事件を起こすと逮捕されるの?』って聞かれるけど、格闘家じゃなくても暴力事件を起こせば逮捕されるよ」と言っているのを耳にするが、いや、違うんだよ。
 
そんな正論ではなく格闘家が世間からどう思われているかを考えろ、「すぐ暴力を振るう人たち」というイメージを持たれていることを自覚して日々を過ごせという話。
競技として市民権を得たいのならなおさらである。
 
HIPHOP、ラッパー=ダサいを凝縮した出来事。愛知県「NAMIMONOGATARI2021」会場が無法地帯。リアルって言葉を都合よく書き換えるんだよなコイツら
 
要するにスポーツ選手など図体がデカい幼稚園児に過ぎないのだが、それがいまいち世間に伝わっていないのが何とももどかしい。それどころか、いまだに「トップアスリートは聖人君子であれ」的な風潮が強いのが……。
 
今回の乱痴気騒ぎも多くの方は(そんなに話題になってないけど)驚きを持って受け止めているようだが、僕に言わせれば「うんうん、アイツらならやりかねないよね」案件でしかない。
 
「ラグビーは紳士のスポーツ」
↑本当にこんなたわ言を信じている人間がいるんすかね?
令和のこの時代で。
 
いるんだろうなぁ笑
 

Advertisement

 

 

 

 

 

 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!