尾川堅一ピンチか? ラヒモフは強敵だし尾川はボクシングが上達しちゃったんだろな。あと、金髪は似合わんよw【展望・予想】

尾川堅一ピンチか? ラヒモフは強敵だし尾川はボクシングが上達しちゃったんだろな。あと、金髪は似合わんよw【展望・予想】

「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
IBF世界S・フェザー級3位の尾川堅一と同級1位シャフカッツ・ラヒモフの王座決定戦が2021年7月にドバイで開催される予定とのこと。
 
 
2021年2月にジョセフ・ディアスが保持していた同王座にシャフカッツ・ラヒモフが挑戦したものの、前日計量でディアスが体重超過により王座剥奪。ラヒモフが勝利した場合のみ戴冠する契約で試合が行われたが、両者譲らぬ激闘の末に引き分けとなり王座は空位に。
 
これを受けてIBFはラヒモフとランキング3位の尾川堅一に王座決定戦の指令を出し、先日両陣営が対戦に合意に達したという。
 
 
尾川堅一は2017年12月に米・ネバダ州でテビン・ファーマーとのIBF王座決定戦で勝利したが、後日禁止薬物の陽性反応が出たため無効試合に変更されている。
 
今回の試合が実現すれば、尾川にとっては約3年7か月ぶりの世界戦のリングとなる。
 
天海ツナミvsエストラーダ、ジョセフ・ディアスvsフォルトゥナ、ラミレスvsスリバン・バレラ振り返り。どの試合も見応えがあったね
 

尾川堅一vsシャフカッツ・ラヒモフ合意だって。ボクシング界お得意の「合意に達した」だけど、まあ大丈夫だろ

尾川堅一の約3年半ぶりの世界戦が合意に達したらしい。
 
相手はランキング1位のシャフカッツ・ラヒモフ。先日、体重超過で王座をはく奪されたジョセフ・ディアスと激闘の末に引き分け、IBFから尾川堅一との王座決定戦の対戦指令を受けた選手である。
 
7月開催予定で場所はドバイが有力とのことだが、現段階では正式決定ではなくボクシング界お得意の「合意に達した」だけなので何とも言えないところではある。
 
ホルヘ・リナレスvsデビン・ヘイニーくるか? またいつもの「対戦に合意」、しかも口頭だって。リナレス勝利は決定事項だけど、ヘイニーは強敵だわな
 
ただこう言ってはアレだが、両選手の知名度を考えてもそこまで注目度の高い試合とは思えないので、十中八九すんなり決まるのではないかと予想する。
 
 
というわけで、今回はこの試合の展望を適当に考えていくわけだが……。
 
尾川堅一にとっては相当厳しい試合になりそうな気がしている。
というより普通に負ける危険もあるのではないかと勝手に思っているのだが、どうだろうか。
 

シャフカッツ・ラヒモフかなりいいよね。回転力と近場での躊躇のなさ。直近2戦で成長した?

シャフカッツ・ラヒモフという選手を観たのは前回のジョセフ・ディアス戦が初めてだったのだが、率直に言ってかなりいいと思う。
 
ガードを上げて上体を振りながら距離を詰め、右リードを起点にどんどん連打の回転を上げていく。
カウンターが得意なディアスに対し、ある程度の被弾はOKのファイトで微妙に角度を変えつつゴンゴン腕を振る。
中でも近場での躊躇のないフルスイングはかなり魅力的で、1発の威力はないもののディアスを再三亀状態に追い込んでみせた。
 
挑戦者決定戦を含めてvsサウスポーの試合が続いているのでアレだが、それ以前の試合と比較しても一段成長が感じられる。
 
病的に動きの悪いウォーリントン、平然と体重超過のジョジョ・ディアス、ずんぐりむっくりのブンブン丸カスターニョ。先週末振り返り
 
過去の試合では力量差のある相手を攻めあぐねたり、逆に反撃を許すシーンも目立っていたが、直近2試合ではそんなことはなく。
恐らくどこかの段階で右リードを出すタイミングと間合いのコツを掴んだのだと思うが、ジョセフ・ディアスにあそこまで肉薄できるのであれば実力の高さは申し分なさそう。
 
アウトボクサーのアジンガ・フジレ(読み方は“フジレ”でいいのかな?)に置いてきぼりを食わずにゴリゴリ攻め立て、ディアスのカウンターに怯むことなく打ち合いを挑んでいく。
僕がちゃんと観たのはこの2試合だけだが、正直元王者のテビン・ファーマーよりも強敵なのでは? とすら思っている。
 
 
ついでに言うと、キャラもなかなかいいんですよね。
 
長いリーチで豪快に相手の股間をぶっ叩いても悪びれる様子はなく。
ラフファイトにはラフファイト(コーナーでのヘッドバットは笑ったw)で応戦し、客席からブーイングを浴びてもいっさい意に介さない。
 
すぐに頭に血がのぼる性格なのだと思うが、ああいう自分を制御できないタイプは調子に乗せると冗談抜きで一番怖い。
 

妙なリズムと意味不明な当て勘の右が持ち味の尾川堅一。でも、復帰後は若干落ちている気も?

一方、日本の尾川堅一について。
あくまで僕の意見だが、こちらは少々落ちている気がする。
 
2017年12月のテビン・ファーマー戦が禁止薬物陽性で無効試合となり、復帰を果たしたのが約1年3か月後の2019年2月。
そこから2019年に3試合、2020年に1試合をこなしているが、どの試合もいまいちピンときていないのが本音だったりする。
 
 
個人的に思う一番の要因は、日本拳法感が薄れたこと。
2017年までの尾川堅一はよくも悪くも粗削りで、ボクシングっぽくない動きが特徴の選手だった(と思う)。
 
前後にリズミカルにステップを踏みながら左を小刻みに動かし、ディフェンスはバックステップと見切りが中心。
外旋回の左フックを囮にガードを開け、ノーモーションの右をスパッと打ち込む。
若干斜に構えて急所を隠した状態から突然飛び出すイメージで、この選手のもっとも得意とするパンチでもある。
さらに相手がグラついたのを見れば一気にペースを上げ、近場でどんどん連打を浴びせていく思い切りのよさも兼ね備える。
 
妙なリズムと意味不明な当て勘のある右、一瞬の爆発力、その他諸々。
内山高志、三浦隆司の引退後、当時の国内S・フェザー級では内藤律樹、伊藤雅雪と尾川堅一の3人が注目されていたが、僕の中では尾川堅一に対する期待感がもっとも高かったことを報告しておく。
 
カルロス・ゴンゴラめちゃくちゃいいw アムナットとかホプキンス的な巧さ。相手の嫌がることをやるって楽しいだろ?
 
実際、2015~2017年までの尾川堅一はめちゃくちゃよかったですからね。
2015年12月の内藤律樹戦で1Rにダウンを奪った右の鮮烈さはいまだに強く印象に残っている。
 

ボクシングが上達しちゃったんだろうな。左ジャブの精度が向上した分、いい意味での粗削りさが失われた

だが、申し上げたように2019年2月に復帰して以降の尾川堅一にはいまいちそそられるものがない。
 
前後のステップが減り、相手と正対する構えもボクサーっぽい。
空間を切り裂くような必殺の右がさく裂する気配はまったくなく、(僕の中では)微妙に煮え切らない試合が続いている。
 
これだとシャフカッツ・ラヒモフに勝つのは相当難しいのではないか。
 
ラヒモフは同じサウスポーでもジョー・ノイナイよりもはるかに手数が多い上に足も動く。アウトボクシング中心のテビン・ファーマーと違って近場のラフファイトも得意とする。
何となくだが、今のままだと左右への動きについていけずに連打でタジタジにされそうな……。
 
 
恐らくだが、試合から離れていた期間でボクシングが上達してしまったのだと思う。
 
どの試合かは忘れたが、実況が言うには尾川堅一は復帰に向けて左の精度向上を目指したとのこと。
確かに直近の西谷和宏戦では左のバリエーションが増え、その左で相手の前進を止めてもいた。
 
だが全盛期? の鋭いステップインやここぞの場面での連打は鳴りを潜め、全体的にパンチは単発気味。基本はワンツーまでの2発のみで、鋭いステップインからの右がスパッと当たる雰囲気はあまり感じられず。
 
相手とじっくり対峙して丁寧な左を意識する分、足の動きが減り、最大の持ち味が目減りしたというか。
もともとあまり頭の位置が動かない選手なので、前後の動きが鈍ればどうしても相手のパンチを芯で食いやすくもなる。
 
最終的にはダウンも奪って大差判定勝利を飾ったものの、いい意味での粗削りさ、“ボクサーっぽくなさ”が失われていた(気がする)。
 
もちろん相手の西谷和宏が素晴らしかったことは大前提で。
 
拳四朗vs久田哲也感想。久田には厳しい試合だったな。拳四朗攻略には待っちゃダメなんだろう。そして改めて具志堅用高の偉大さ
 

勝敗予想はラヒモフの10RKO。尾川が勝つ可能性もあると思うけど。あと尾川堅一は金髪が似合わないよねw

今回の勝敗予想だが、シャフカッツ・ラヒモフの10RKOでいきたい。
 
一応言っておくと、尾川堅一が勝てる要素も十分あると思っている。
だが、どちらか一方を選ぶのであればやはりラヒモフかなぁと。
 
繰り返しになるが、2019年に復帰を果たして以降の尾川堅一には個人的にあまりテンションが上がらない。
実際、KO勝利を挙げたのは4試合中1試合のみで、KOを連発していた2013~2015年に比べて決定力は落ちている(気がする)。
 
それに対し、ラヒモフは15勝のうちKOが12。アジンガ・フジレ戦での豪快な左を見せられると、近場での勝負強さは尾川堅一を上回るように思える。
 
尾川堅一が勝つとすれば判定。
ラヒモフが勝つとすれば後半KOか判定。
あれこれ考えると、やっぱりラヒモフ勝利の可能性が高そうだなと。
 
 
ついでに尾川堅一はびっくりするくらい金髪が似合わないよね笑
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

Advertisement

 




 

 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!