TJ・ペレナラカッチョよすぎて気絶しそうw マピンピさんはこのチームには合わないとあれほど…。NTTドコモvsキヤノン現地観戦感想【2020.2.21】

TJ・ペレナラカッチョよすぎて気絶しそうw マピンピさんはこのチームには合わないとあれほど…。NTTドコモvsキヤノン現地観戦感想【2020.2.21】


2021年2月21日に東京・町田GIONスタジアムで行われたラグビートップリーグ、NTTドコモレッドハリケーンズ vsキヤノンイーグルスの一戦を現地観戦してきました。

結果は26-24でNTTドコモの勝利。
前半を6-14リードされて折り返したNTTドコモでしたが、後半18分に新加入のTJ・ペレナラがトライを挙げて追い上げを開始します。
その後も一進一退の攻防を繰り広げるも、フルタイムのホーンが鳴った直後のPGをSO川向瑛が決め、劇的な逆転勝利を飾りました。
 
 
というわけで、今回はこの試合の感想を撮った写真を載せつつ述べていこうと思います。
 

マカゾレ・マピンピのプレーを観るために行ってきたのに、まさかのベンチ外て…!!

まず最初に。
僕は今回、NTTドコモレッドハリケーンズに期間限定で加入した南アフリカ代表WTB、マカゾレ・マピンピのプレーを観るために現地に足を運びました。
 
2019年W杯で日本の息の根を止めた南アの快速トライゲッターがNTTドコモに加入するという情報を数ヶ月前に聞き、これはぜひとも生観戦したいと。
 
ところが関西をホームとするNTTドコモが関東方面で試合をするのは2月21日の町田GIONスタジアムのキヤノン戦のみ。
これは絶対に観に行かなあかんでしょと思った次第です。
 
 
で、チケットの購入も完了し、いよいよ当日を迎えたところ……。
 
まさかのマピンピさん、開幕節欠場という。
 
いやいやいやいや。
マジっすか。
 
マピンピさんがNTTに来ると聞いてからの数ヶ月、この日を楽しみに生きてきたのに。
 
先発メンバーには名前がないし、グランドのサイドでアップしているリザーブの中にもそれらしい選手が見当たらない。

 
あれ? どうしたんだ? と思って検索してみたら……。


普通にベンチメンバーから外されてただけでした。
 

想定内ではあったかな。マピンピはNTTドコモのチームスタイルには合わないよね

ただ、これはある意味想定内というか、十分あり得る事態でもあったと思います。
 
以前から何度か申し上げておりますが、NTTドコモレッドハリケーンズはマカゾレ・マピンピに合わない
 
マピンピ加入のNTTドコモに注目。でも、チームスタイル的にNTTドコモじゃマピンピを生かしきれないような…
 
練習試合をいくつか観たところ、このチームは基本的に中央で勝負するスタイル。
SHからボールを受けたFWが縦をついてディフェンスを崩し、すぐさま密集から次のFWにつなぐ。徹底的に中央付近を崩してじわじわと前進し、最後にセンター付近でギャップめがけて走り込む。これがオーソドックスな攻め方です。
 
逆に言うと、スペースのある位置でWTBがボールを受けるケースはめったに起こらない。
今回の試合でも「もう1本外にパスが通れば!!」というシーンが何度かあったと思いますが、とにかくラストパスのシチュエーションを作れないのがこのチームの弱みでもあります。
 
そう考えると、外側を縦横無尽に走り回ってトライを取りにいくマピンピは非常にフィットしにくい。
練習試合でも結局ノートライのまま終わっているし、実際の映像を観てもマピンピがいいタイミングでボールを持つことはほぼ皆無でした。
 
逆にマピンピが合うのはもう少しグランドを広く使えるチーム。どちらかと言えばNTTコムの方がマピンピの走力を生かせる印象です。


NTTドコモのHCによると「今回はバランスを考えてマピンピを外した」とのことですが、忖度抜きでナイス判断だったのではないかと。
 
 
と言いつつ、ずーっと楽しみにしていたマピンピのプレーを観られなかったのは残念極まりない。
 
恐らくこれでマピンピを現地観戦する夢は永遠に絶たれたわけですが、現段階では自分の中で整理がついておりませんww


 

TJ・ペレナラに釘付けでした。チーム力で上回るキヤノンをこの選手が覆した

一方、この日僕の目を釘付けにしたのがTJ・ペレナラ
こちらもマピンピと同様、今シーズンからNTTドコモに加入した選手で、南アと並ぶ強豪ニュージーランドで代表キャップ数69を誇る司令塔です。
 
いやもう、マジですごかったですね。
 
はっきり言って、チームとしての完成度はキヤノンの方が一枚上だったと思います。
このチームはSH田中史朗、SO田村優の日本代表メンバーを中心に攻守にバランスがとれている上に外側に強いランナーを擁する。自陣でのディフェンスもいい。
パッと見の印象ですが、神戸製鋼やサントリーといったトップ勢のやや下くらいの実力はあるように思えます。
 
今回の試合も前半にNTTドコモにシンビンが出た局面で攻めきれなかったことで流れを手放してしまいましたが、あそこで1本でもトライを挙げていれば逆の結果になっていたのではないかと。


 
ただ、それらの劣勢を覆してみせたのがTJ・ペレラナです。MOMにはSO川向瑛が選出されましたが、もっとも活躍したプレイヤーは誰? と聞かれれば全員がTJ・ペレラナと答えるのではないでしょうか。
 
何と言うか、この選手は状況判断と引き出しの多さが凄まじい。
 
特別足が速いとか身体が強いとかではないのですが、とにかく的確。
流れるようなプレーで味方を動かし、相手のギャップを見つけた際は瞬時に裏に飛び出す。


それこそ去年まで神戸製鋼でプレーしたダン・カーターを彷彿とさせるというか。
 
以前、オールブラックスの試合を観た際に「すでにダン・カーターすら古い。スピード重視の近代ラグビーはSHがゲームメイクする段階に入りつつある」と申し上げましたが、この日のTJ・ペレラナはまさにそれを具現化していました。
 
オールブラックスvsワラビーズw 観に行くべき試合だった。超後悔のドリームマッチ感想。日本との立ち位置が違い過ぎる
 
密集サイドをゴンゴン突くNTTドコモにマカゾレ・マピンピは合わないと言いましたが、逆に瞬時の判断力と球を動かすプレーを得意とするTJ・ペレナラはもっともフィットしやすいと言えるかもしれません。
 

見た目もカッチョいいんだよなTJ・ペレナラ。もう、何してもカッチョよすぎワロタww

しかも、見た目もカッチョいいんすよねこの人ww
開幕に向けて髪を銀髪に染めたそうですが、それが見事にイケメン度を底上げしているという。


田中史朗とマッチアップしてもカッチョいい。

 
トライを奪われた直後もカッチョいい。

 
スクラムを待つ佇まいもカッチョいい。

 
指示を出す仕草もカッチョいい。

 
オフロードパスを受けてトライを取るまでもカッチョいい。


 
もう、何から何までカッチョいいww


 
マカゾレ・マピンピさんを観られなかった分、この選手でたっぷり補填させていただきましたww
 
 
うん。
すごい試合でしたね。


両チームともにナイスゲーム。
 
ハンドボールの現地観戦が最高だった3つの理由。こりゃあ楽しいわw ジークスター東京vs豊田合成 in 墨田区総合体育館
 

町田GIONスタジアムが嫌いすぎる件。グランドが観にくい上に交通の便もクソ。ホントに嫌いだわココ

試合については以上ですが、ここからはイベント全体の感想を。
 
これに関しては、はっきり言って微妙でした。
というより、会場が嫌い過ぎてどうしようもないと言った方が正解でしょうか。
 
僕自身、町田GIONスタジアムに来たのは2度目で、前回はサッカー観戦で利用しています。
そして、僕はこの町田GIONスタジアムがゲロを吐くほど嫌いです。
 
理由はグランドが観にくい上に交通の便があまりにもクソだから
 
グランドの周りを陸上のトラックが取り囲むせいで選手が遠く、なおかつこの日はゴール裏の席だったために観にくさに拍車がかかります。
 
相手陣内でのプレーなどは豆粒状態で何をやっているかがよーわかれへん。
その上、電光掲示板も遠い+字が小さい+逆光という三重苦。

 
背もたれなしの座席は腰が痛いし、居心地が悪いことこの上ない。

 
で、極めつけは最寄駅から鬼のように離れていること。
小田急線鶴川駅(町田GIONスタジアムなのに最寄が町田駅じゃない)から2km以上+山の上にあるため、徒歩で行くのはほぼほぼ不可能。
駅からシャトルバスが出ているものの、そういう面倒くさいことが大嫌いな僕にとっては苦痛以外の何ものでもありません。
 
 
ハーフタイムに何の演出もなく観客が放置されるなど、運営上の不満もなきにしもあらずですが、そういう諸々も会場のクソさの前では小事に過ぎない。

 
普段ホームグランドとして使用しているFC町田ゼルビアのJ1昇格に向けてスタンドを増設したとのことですが、僕に言わせればこんなもんは税金の無駄遣いでしかありません。


 
ああ、ちなみに試合中に起きた反則やルールの解説がそのつど入るのはめちゃくちゃよかったですね。


こういう初心者への配慮が多いこともラグビー観戦のよさでもありますよね。
 
会場はクソ嫌いですがww
 
FC東京vsサントリーサンバーズ現地観戦感想。バレーボールファンのマナーのよさにオドレエタ。町田市立総合体育館は大嫌いだけど
 

Advertisement

 

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!