天心武尊のTHE MATCH地上放送中止の理由? フジテレビ内部に格闘技関係者を疎ましく思っている勢力がいるんだろうな。選手側も「命を懸けて~」とかほざく割に矛先がテレビ局…

天心武尊のTHE MATCH地上放送中止の理由? フジテレビ内部に格闘技関係者を疎ましく思っている勢力がいるんだろうな。選手側も「命を懸けて~」とかほざく割に矛先がテレビ局…

2022年6月19日に東京ドームで開催される格闘技イベント「THE MATCH 2022」。メインイベントでは長年待望されていた那須川天心vs武尊のビッグマッチが予定されている。
 
ところが地上波放送を担当するはずだったフジテレビが5月31日に公式HP上で「主催者側との契約に至らず放送しないことが決まった」と発表。SNSアカウントでも同様の文面が投稿されている。


この発表を受け、本イベントの実行委員を務める榊原信行氏が緊急会見の席で「もう一回フジテレビさんには戻ってきてほしい」と訴えている。


地上波放送中止の具体的な理由は明かされていないが、榊原氏によると5月9日発売の「週刊ポスト」で報じられた自身と反社組織とのトラブル記事が原因ではないかとのこと。
 
榊原氏は今回の原因が自分にあるなら実行委員を降りてもいい、この試合を汚さないでほしいと発言するなど、地上波放送実現への捨てきれない思いを吐露している。


 

「THE MATCH 2022」の地上波放送ナクナタ。榊原氏のスキャンダルについてはフワッと知っている程度

2022年6月19日に東京ドームで開催される「THE MATCH 2022」。
長年待望されたキックボクシングの頂上決戦、那須川天心vs武尊戦が行われるということで注目を集めているイベントである。
 
ところが地上波放送を担当するはずだったフジテレビが5月31日に突然放送の取りやめを発表。約3週間前に発生した事態に実行委員の榊原信行氏を始め多くの関係者やファンが困惑しているわけだが……。
 
 
僕自身もこのイベントはずっと楽しみにしており、当日はリアルタイム視聴できるかどうかにかかわらずPPVを購入しようと思っていたところ。
 
・原口健飛vs山崎秀晃
・志朗vs玖村将史
・海人vs野杁正明
などなど。
 
メインの那須川天心vs武尊戦以外にも興味深い組み合わせが多く、目いっぱいお祭り気分を味わおうと考えていた。
 
那須川天心vs武尊感想。衝撃的に強かった天心。この日の天心には誰も勝てないんじゃない? 武尊もあきらめずにがんばった感動的な試合
 
また、5月半ばに報道された榊原氏のスキャンダルについてはよく知らない。
榊原氏の知人? が反社組織とトラブルを起こし、それを収めるため? に榊原氏が500万円を払ったとか。
いかにも週刊誌が喜びそうな下世話なネタだが、本人の弁明を聞く限り“当たらずとも遠からず”なのだろうと。
 
「週刊ポスト」としても一番注目の集まるタイミングでスキャンダルを出して売り上げを伸ばそうという魂胆があったのだと思うが、相変わらず清々しさすら感じるほどのゲスっぷりである。
 

フジテレビ内に格闘技関係者を疎ましく思っている勢力がストップをかけたんだろうな。格闘技関係者が問題を起こす頻度、ガラの悪さががが

表題の通りなのだが、今回の地上波放送中止の背景は“格闘技関係者を疎ましく思っている局内の勢力”がストップをかけたことによるものだと思っている。
 
榊原氏のスキャンダルが直接の原因なのは間違いないが、それ以前から格闘技関係者を邪魔くさいと感じていた人間が彼らを切るきっかけを探していた。で、今回の「週刊ポスト」の記事がその絶好の機会になったのだろうと。
 
正直なところ、この采配は大いに理解できる。
 
THE MATCHに限らず格闘技関係者が問題を起こす頻度、ガラの悪さは尋常ではないし、榊原氏の横暴っぷりも目に余るものがある。
 
2020年大晦日のRIZINでは物販で発生したクラスターを隠蔽。
ところがその記事を見た格闘技関係者や現役選手、ファンが「バラさんは悪くない」「保健所のルールに従った」と一斉に擁護し始める地獄絵図。


イベント主催者の対応としては完全にアウトにもかかわらず自浄作用ゼロの村社会っぷりを世間に晒した。
 
 
さらに翌年の大晦日大会では“カクトウギカイヲモリアゲル”名目で色物枠の久保優太vsシバター戦を組むも、シバターの八百長まがいの行為がデカデカと報じられる結果に。
おかげでバンタム級GPを制した扇久保博正や斎藤裕vs朝倉未来戦がまったく話題にならず。
 
 
それ以外にも自分の思い通りにならない選手(クレベル・コイケ、吉成名高)を報道陣の前で名指しで批判するなど、一定のヘイトが溜まるとリミットブレイク→パワハラ中高年に豹変する悪癖をことあるごとに発揮している。
 
上述の通り週刊ポストの記事が直接の原因なのは間違いないが、それはあくまできっかけに過ぎない。どうにかしてこのおっさんを排除したいと考えていた人間はもともと多かったのだと想像する。
 
予想外だらけのRIZIN33。八百長? あり、純粋なMMAあり、最強幻想あり、ベラトール表明あり。シバター、天心、パク・シウ、サトシ、カズJr.その他感想
 

積もりに積もったものが爆発した結果。映画「迷子になった拳」内の「(格闘技界は)おかしな人ばっかりだし!!」のひと言がすべてだろうな

UFCのダナ・ホワイトやBellatorのスコット・コーカー、元ボクシング王者のフロイド・メイウェザーとのパイプ、バブリーでトリッキーなイベントを次々に仕掛けるバイタリティ、その他。
以前から申し上げているが、榊原のおっさんの有能さは疑う余地がない。
 
だが、その反面常識に欠ける部分があまりに目立つ。
 
そもそも格闘技の現場がおかしな人間だらけなのは一度現地観戦すればすぐにわかるし、ファンの民度の低さは筆舌に尽くしがたいものがある。
 
実際、僕のように「格闘技観戦は好きだが、そこにいる人間は大嫌い」という方は多いのではないか。
テレビ業界が常識人の集まりだとは1mmも思わないが、なるべく格闘技関係者と距離を置きたい気持ちはめちゃくちゃ理解できる。
 
「声を出すなと言われても、思わず出ちゃうよね~」
↑こんなAVの企画もののような自己弁護が通ると思っている時点で民度の低さは推して知るべし。
犬でも「待て」と言われれば待つんだから。
 
 
バラバラだったキック界を団結させ、那須川天心vs武尊戦実現にこぎつけた手腕、関係者の努力は文句なしに素晴らしい。
 
だが、そこに毎回同じ量の負の要素が伴うのは……。
 

榊原「あまりにひどすぎないですか」
榊原「本当に分からないのだが、何を恐れて放送を見送ろうと思ったのか」

「ひどすぎないですか」じゃねえんだよ笑
何を恐れて~とかじゃなく、積もり積もったものが最後の最後で爆発したってだけの話だろ。
 
 
ラウェイをテーマにしたドキュメント映画「迷子になった拳」(2021年公開)。
 
「迷子になった拳」感想。格闘技をやってて「健康ガー、安全ガー」ばっかり連呼してんじゃねえよってね。今回は“当たり”のドキュメンタリーを引いたな
 
作中、選手の母親が「(格闘技界は)おかしな人ばっかりだし!!」と言い放つシーンがあるのだが、要するにそういうこと。あのひと言が今回のすべてを象徴していると言っても過言ではない。
 

中止発表を受けての現役選手の反応も…。そもそも地上波放送にそぐわないんだよ

地上波放送中止の発表を受けての現役選手の反応もまた……。
 
テレビ局の対応に苦言を呈す意見はいくつも見たが、肝心の榊原氏のスキャンダルに触れる声はいっさいなく。
身内の失態を謎理論で擁護する村社会っぷりは2020年末のクラスター隠蔽のケースとまったく同じである。
 
根本を正そうともせず外側にばかり要因を探そうとする内輪ノリ。そういう舐め腐った行動、言動がテレビ局から拒否された事実に目を向けようとしない姿には心底辟易する。
 
 
今回のビッグマッチ実現に何年も前から尽力してきた武尊がSNSに長文を投降していたが、ああ、そうですかと。
 
な~んかそれっぽいことを言うとるけど、あなた2019年5月の「格闘代理戦争4thシーズン」(AbemaTV)で乱闘騒ぎ起こしとったやんけ。しかも揉めた皇治を1発殴ったとか。
 
武尊と皇治の乱闘騒ぎの件。殴ったら対等になるかは知らんが、武尊はローカルヒーロー止まりかな。K-1の地上波進出が大きく遠のいた感
 
その際に僕は
「K-1の地上波進出は遠のいた」
「生放送で暴力沙汰を起こしちゃうようなヤツは地上波ゴールデンにはそぐわない」
と申し上げたが、マジでそれ。
 
生放送中に抑えが利かなくなる、他人を殴ったことを平気で公表する人間はエンターテイナーとして失格。格闘技界の狭い枠内では許されても世間一般に受け入れられるのは難しい。
僕がどう思っているかではなく、現実問題として。
 
“子どもの夢”だの“格闘技の未来”だのとキレイごとを並べているが、長年溜め込んできたツケの一部にお前も含まれとるぞという話。
 
幅広い世代に浸透するという意味で地上波はPPVやYouTubeよりも優位性があるが、同時に格闘技界のガラの悪さも世間に晒されるわけで。
 
 
また、那須川天心の「地上波がなければやめてもいいと思っている」発言も同じくらい邪魔くさい。
「自分は無理にこの試合をやらなくてもいい立場にいる」アピールが透けて見えるのがうっとーしい。
 
白鳥大珠vsゴンナパー、山田洸誓vs安保瑠輝也予想。THE MATCHで意外とおもしろそうな組み合わせなので展望を考えてみた。でも地上波はいらんけどね笑
 

何かを語るときに“子ども”というフレーズを使う人間を信用しないことにしてる。フジテレビは絶対に折れんなよ

だいたいアレなんだよな。
何かを語るときに“子ども”っていうフレーズを使う人間を僕は信用しないことに決めてんだよ。
 
自分がイライラしていること、気に入らないことを“子ども”を引き合いに出して世論っぽく見せるやり方。僕はこれがマジで嫌いである。
 
メイウェザーvs朝倉未来戦が思いのほか楽しみなんだがw “気軽に会いに行けるスター”と化したメイウェザーさんの親しみやすさ。未来がこの試合で爪痕を残すには?
 
・カクトウギカイヲモリアゲル
・イノチヲカケテリングニアガル
・コドモノユメ
・カクトウギノミライ
 
全部薄っぺらくて鳥肌が立つほど薄ら寒い。
 
 
要するに何が言いたいかというと、フジテレビは絶対に折れんなよ。ここで観念して「やっぱり地上波放送やります!」とか言い出したら同じくらい寒いぞということ。
 
 
あ、僕はPPVを購入しようと思っております。
 

Advertisement

 

 

 

 

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!