癒しアニメランキング5選。第5位、4位に番外編もあるよ。「僕が癒された」という理由だけで選出してみたぞ

癒しアニメランキング5選。第5位、4位に番外編もあるよ。「僕が癒された」という理由だけで選出してみたぞ

映画・マンガ・ドラマ記事一覧
 
毎回思いつきでスタートする「○○ランキング」。
「カッコいい技名ランキング」「声優ランキング」「ベストバウトランキング」などなど。これまでも僕の乏しい知識内であれこれとやってきたわけですが、今回もまた一つ思いついたランキング遊びをやってみたいと思います。
 
絶望を感じたアニメ/漫画のセリフランキング。トップ3は不動だからつまらないので、僕の独断で選ばせてもらいましたがそれが何か?
 
名付けて「癒しアニメランキング5選」
過去、僕が視聴したアニメの中から「これは癒されるで!!」という作品をランキング形式で発表していく企画でございます。
 
選出の条件は「僕が癒された」
これだけです。
 
もちろん「あのアニメの方が〜」「この作品がない」という声もあるかと思いますが、それは単純に僕が観ていない、絵柄が受け付けないなど、いわゆる「視聴前に挫折している」ものである可能性が高いです。
 
なので、仮に意見が違った場合も琵琶湖並みの広い心で受け止めていただければありがたいです(いつも言ってんなコレ)。
 
 
念のために言っておくと、これから紹介する作品はスポーツの試合前等に視聴するのはやめた方がいいです。
冗談抜きで闘争心を根こそぎ持ってかれるんで。
 

癒しアニメランキング5選:第5位

「はたらく魔王さま!」(2013年)

 
まず第5位は2013年4月〜6月までTOKYO MX他で放映された「はたらく魔王さま!」です。
 
いわゆる2010年代に量産された異世界転移ものですが、今作は「魔王(男)と勇者(女)がこちらの世界にきてしまう」という多くの作品とは逆のパターンとなっています。
 
彼らの故郷「エンテ・イスラ」の常識がこちらの世界ではまったく通用せず、本来の能力も使えない。かといって、故郷に帰ろうにもパワーが足りない。
 
止むを得ず仕事と住居を得て生活を送っていくのですが、勝手の違う日本で暮らすのはなかなか難しい。
 
魔王→いずれ世界征服を成し遂げるために、まずはファストフード店で正社員を目指す
勇者→いずれ魔王を倒すために、テレアポの仕事をしながら魔王を監視する
 
で、どちらも実は今の生活が割と気に入っていて、お互いに反目し合いがながらもしぶしぶ協力するうちに妙な連帯感が生まれていく流れです。
 
 
この作品の魅力は「異世界の常識に戸惑いながらも何とかやっていく」ナンセンスさはもちろん、真っ当に働いている上になぜか性格もいい魔王に戸惑うクソ真面目な勇者の空回り感。これが何とも言えない癒しを僕に与えてくれます笑。
 
バトルシーンもまったく残酷さがなく、なおかつハッピーエンドが約束されているのもいい。
 
まあ、佐々木千穂役の声優さんのキーキー声が若干キツいというのがあってこの順位にしたわけですが、とにかく今作から得られる癒しは尋常ではありませんw
 
 
そして、ついに待望の第2期制作が決定したとのこと!!!


具体的にいつになるかは不明ですが、これはテンションが上がりましたw
 
現状、この「はたらく魔王さま!」第2期のO.A.日は僕の中では全体の3番目くらいの注目度でございます。
 
なお1番目と2番目は内緒です()
 

癒しアニメランキング5選:第4位

「ハクメイとミコチ」(2018年)

 
続いて第4位は「ハクメイとミコチ」。
こちらも「はたらく魔王さま!」同様、TOKYO MX等で2018年1月〜3月まで放送された作品です。
 
正直、今作については最初は絵柄が受け付けずに敬遠していました。
 
ですが、いざ観初めてみたところ……。
 
何ぞこれ。
エゲツない癒しじゃねえかとw
 
森に住む身長9cmの小人・ハクメイとミコチの2人の日常を淡々と描く作品。
食材を採りに森に入ったり、2人で町に買い物に行ったり。
たまには電車に乗って遠出することもあれば、仕事先の仲間と休日を過ごすこともある。
 
特に何が起きることもない。
びっくりするような秘密が隠されているわけでもない。
 
でも、日常のちょっとしたイベントに一喜一憂するハクメイとミコチの姿に何とも言えない心地よさを感じることができます。
 
 
またスローライフな作風だけあり、高音でキーキーがなりたてるキャラがいないのもいい。
どのキャラも基本はヌルッとした落ち着きがあり、性善説に基づいた生き方をしています。
 
物語中盤でアウトローなキャラも登場しますが、あれこれと主人公一行をかき回した末に「お前がひねくれた理由ってそれかよ」的なオチで安心させてくれるという。
 
何と言うか、年一くらいで観たい作品ですよね。
時間と心にゆとりがあり、適度にポカポカしたいと思ったときが最高の視聴タイミングかなぁと。
 
僕的カッコいい技名ランキング。マンガ作品の中で最高にカッコいいと思っている技名ベスト5を発表するぞ
 

癒しアニメランキング5選:番外編その1

「この素晴らしい世界に祝福を!」(2016、2017年)

 
ここでトップ3の前に番外編。“ランキング入りするほどではないが、スルーするにはもったいない”作品を発表していきたいと思います。
 
 
まず番外編その1は「この素晴らしい世界に祝福を!」。
 
こちらは第1期が2016年1月〜3月、第2期が2017年1月〜3月にTOKYO MX等で放映され、2019年11月には「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」として劇場作品も公開された人気作です。
 
不慮の事故で命を落とした“イケてない男”が異世界に転生してハーレムを作る、いわゆる異世界転移のストーリー。
 
数ある異世界転移作品の中でも
「Re:ゼロから始める異世界生活」
「転生したらスライムだった件」
「ソードアート・オンライン」
等と並ぶ人気を誇る作品となっています。
 
 
これ、はっきり言って鼻くそをほじりながら頭を空っぽにして観るには最高のアニメです。
 
主人公の適度なクズっぷりに加え、周りを固める女性陣もポンコツ、ドM、中二病という個性派揃い。
全員が全員戦闘に向かないタイプのくせに、いつの間にか手柄を挙げて毎回街をピンチから救ってしまう。
 
この“超ありがち”な展開と“ほどほどの理不尽さ”がちょうどいいバランスで両立していることが人気の秘密と言えるのではないでしょうか。
 
 
じゃあ、なぜ番外編なの? という話なのですが、これまた「声優がキーキーうるせえ」ことが理由です。
 
主人公カズマをサポートする女神アクアの声優が妙にハイテンションでやかましく、聞いているとだんだん「ウッキー!!」となってくるのが……。
 
いや、わかるんですけどね。パーティーにそういうキャラも必要だってことは。
わかるんですが、どれだけがんばっても受け付けないのだから仕方ない。
 
あとはまあ、男1人+女数人の組み合わせが食傷気味というのも大きいかな。
 
男なら絶対にやったことあるマンガの必殺技ランキングその1。最強の必殺技には男のロマンが全部詰まっているのである
 

癒しアニメランキング5選:番外編その2

「ダンベル何キロ持てる?」(2019年)

 
番外編その2の「ダンベル何キロ持てる?」は2019年7月〜9月にAT-X他で放映された作品で、皇桜女学院の女子高生・紗倉ひびきがクラスメートから太り気味な体型を指摘されたことでジム通いを決意するところからスタートします。
 
 
この作品は登場キャラの平和さはもちろんですが、何と言っても「ガチで参考になる」ことが大きいです。
 
タイトルからもわかるように今作のテーマは「筋トレ」
 
ジムでどの器具をどう使えば効率よく○○を鍛えられるか。
○○を重点的に刺激するにはどんなフォームで何回を目安にすればいいか。
自宅でやる自重トレーニングは何が効果的か。
 
我々無知な素人が日常の中でどうやって筋トレを始めればいいか、無理なく続けられるかを的確に教えてくれる初心者向けの内容になっています。
 
 
また、無駄にデフォルメされた筋肉マニア? 同士のやりとりもバカバカしくて視聴者を飽きさせません。
 
気合が入ると上半身がパンプアップして着ている服が弾け飛ぶトレーナーや、パンチングマシーンをワンパンで破壊する女子高生、腕相撲に勝つためだけにライバルの家にホームステイするロシア人留学生。などなど。
 
 
ただ、これが「癒しか?」と聞かれると何とも言えないところ。
どなたにもオススメできる安心感、安定感は抜群ですが、今回の「癒しアニメランキング」にランクインするのはちょっと難しかったかなと。
 
アニメ「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」感想。女性キャラが全員ウザくて受け付けないw うさぎドロップの進化版を期待したのに
 

続きは次回に

例によって長くなってきましたので、続きは次回に。
 
癒しアニメランキング5選完結編。僕の独断だけど、ベスト3は老若男女誰がいつどこで観ても癒されるヤツだと思うよ
 
いよいよお待ちかね(別に待ってない?)のトップ3の発表となりますので、もしよければ引き続きお付き合いいただけると幸いです。
 
映画・マンガ・ドラマ記事一覧
 

Advertisement

 

 

 

 

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!