カシメロvsリゴンドーとかいう放送事故。ハリー「こんな競技好きな人がいるんだね」←これは完全に正しいw 別にどっちの勝ちでもいいよ【結果・感想】

カシメロvsリゴンドーとかいう放送事故。ハリー「こんな競技好きな人がいるんだね」←これは完全に正しいw 別にどっちの勝ちでもいいよ【結果・感想】

「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2021年8月14日(日本時間15日)、米・カリフォルニア州で行われたWBO世界バンタム級タイトルマッチ。同級王者ジョン・リエル・カシメロが同級4位ギジェルモ・リゴンドーと対戦。2-1(117-111、116-112、113-115)の判定でカシメロが勝利し、4度目の防衛に成功した試合である。
 
 
二転三転の末にようやくWBOの防衛戦として開催されたこの試合。
 
開始直後から低いガードと左右への動きでタイミングを測り、鋭い踏み込みからのフックを振るう王者カシメロ。
対するリゴンドーはいつも通り距離をとってのカウンター狙いに終始。
カシメロのフルスイングを距離でかわし、得意の左カウンターを打ち込んでいく。
 
ところが、なかなか有効打を奪えないカシメロと手数が圧倒的に少なくペースを掴みきれないリゴンドーという噛み合わない展開に。
時おりリゴンドーのカウンターがカシメロの顔面を捉えるものの、明確なダメージには至らず。
お互いに決め手のないまま試合が膠着し、場内からはブーイングも聞かれる。
 
 
そして、試合はそのまま大きな山場もなく最終12Rのゴングが鳴り試合終了。
2-1の僅差判定ながらもカシメロの4度目の防衛が決定した。
 
落ちたなパッキャオ…。ウガスに3-0の判定負け。仮に現役続行するなら王座を狙うよりも“生き様を見せる”方向にシフトしていけば
 

カシメロvsリゴンドー、クソ試合だった。完全に人生を無駄にした36分間

ジョン・リエル・カシメロvsギジェルモ・リゴンドー。
 
当初はノニト・ドネアvsカシメロのWBC/WBO統一戦が予定されていたものの、両陣営のゴタゴタにより寸前で破談に。
その後、WBA正規王者ギジェルモ・リゴンドーが代わりの相手として決定したが、WBAはスーパー王者以外に統一戦を認めていないために2団体の統一戦とはならず。
 
ギリギリまで結論が先延ばしにされたが、結局はWBOの防衛戦として開催されている。
 
なお、この試合の勝者はWBAスーパー/IBF王者井上尚弥との統一戦に進むことが濃厚なため、日本のファンからも注目度が高かったわけだが……。
 
クソ試合だった。
 
内容としては近年稀に見るクソ試合と言っても過言ではなく。
場内からの大ブーイングがすべてを物語っているというか、ここまで酷い試合に遭遇したのは個人的にも初めてではないか? というレベル。
 
得るものが何もない、完全に人生を無駄にした36分間だった。
 
ドネアvsウーバーリ感想。ドネアのクソかっこいい主人公属性と往生際の悪さ。もうお前、サウスポー得意じゃねえかw 最高だったぞ
 

衰えが顕著なリゴンドー。今回もリゴンドーのコンディション次第でどうとでもなる試合だったかな

具体的には、足腰の衰えが顕著で深く踏み込めないリゴンドーと、露骨に逃げ回る相手を追いかける術がないカシメロといった構図だろうか。
 
 
全盛期のリゴンドーは前手の右と鋭いカウンター、抜群の反応で相手をビビらせ、射程内に立ち入らせることなく遠間で釘付けにするスタイルを得意としていた。
リゴンドーの射程はもはや“結界”と称してもいい水準で、2017年12月にロマチェンコに敗れるまでは何人たりとも立ち入れない圧倒的な塩漬けファイトが定番だった。
 
だが、約1年2ヶ月後の復帰戦ではこれまでの華麗な足運びにわずかに陰りが見えたことも事実。
それ以降、2019年6月のフリオ・セハ、2020年2月のリボリオ・ソリスに連勝してWBA正規王座を戴冠したものの衰えは明らか。全体的に下半身がカクカクし、従来の稲妻のようなムーブは完全に失われていた。
 
リゴンドーがソリスに勝利。キレッキレでもクソ、衰えてもクソ。人生を無駄にしたわ。これからも待ってるから二度と出てくんなよ
 
その状態で現在6連続KO勝利中と波に乗る今のカシメロにどこまで対抗できるのか。
リゴンドーが本来の実力を発揮すれば塩漬けにする可能性が高いが、カシメロの1発強打に沈むパターンも十分考えられる。
とにかくリゴンドーのコンディション次第でどうにでもなる、非常に勝敗予想が難しい試合だった。
 

リゴンドーが思った以上に衰えてたな。カシメロをビビらせることができず、足を止める余裕がない

で、実際にはリゴンドーの衰えが思った以上に進んでいたというのがファイナルアンサーである。
 
 
申し上げたようにリゴンドーは前手の右を小刻みに揺らして侵入を防ぎ、左のカウンターと超絶見切りで相手をビビらせるスタイルを得意とする。
 
ところが当のカシメロはリゴンドーのカウンターにビビることなく無遠慮に踏み込み腕を振るっていく。
さらにダッキングしたまま相手の射程内に留まるリゴンドーの悪癖も顔をのぞかせ、そこにカシメロの連打を浴びて膝をつくシーンも。
後頭部のパンチ+スリップと判断されてダウンは免れたものの、アレは完全にリゴンドーがやられるパターンだったと言っていい。
 
そして、2Rからはひたすら正面を外して左右に動き回る作戦に切り替えるリゴンドー。
恐らく1Rのアレで警戒心を強めたのだと思うが、ここからがまさに地獄のスタートだった。
 
常に動き続けるおかげで被弾は防げるものの、1発1発のパンチにはまったく力が乗らない。
たまにカウンターでカシメロの顔面を跳ね上げるが、前進を止めるほどの威力はない。
 
足を止めればその瞬間にカシメロの強打が飛んでくる。
だが、カシメロに踏み込みを躊躇させるようなパンチを打つ余裕はない。
 
もう少し深く踏み込めれば違った展開を作れたのかもしれないが、足腰の衰えによって踏ん張りが効かないために打ち終わりのケアが間に合わない怖さがある。
 
 
集中を切らすことなく持久走作戦を貫徹したことは確かにすごかったが、ただそれだけ。ガチで「何やってんのコイツ」というパフォーマンスだった。


 
井上尚弥はもともと座間のヤンキーだからな。「舐めたやつはぶちのめす」でええんちゃう? 映画「スラムダンク」にクレームが入りそうなのが…
 

引き出しがないカシメロ。序盤の1発勝負をしのがれるとできることがなくなる

対するカシメロも逃げに徹するリゴンドーに追いつく術はなく。
工夫もなくがむしゃらに追い回すだけでジリ貧状態のまま12Rを終えてしまった。
 
 
基本的にこの選手は遠間からの1発勝負が中心の選手で「じっくりガードを上げて〜、ジャブを出しながらプレスをかけて〜」といったファイトとは真逆のスタイル。
 
もともと前後左右に動く相手を捕まえるのは得意な方ではないが、それにしても無策だったなぁと。
 
L字気味の低いガードで遠間で対峙し、踏み込みのタイミングを測る。
左右に動きながら徐々に距離を詰め、いっせーのーせーで踏み込み全力のフックをブンッ!!
 
時おり角度を変えた1発で意表をつくこともあるが、攻撃パターンとしてはほぼこれだけ。
相手が動きに慣れていない前半をしのがれるとあっという間にできることがなくなってしまう。
 
 
今回もそれがモロに出た試合というか、やっていたことは真正面から飛びかかってフックを振るのみ。
ラウンド序盤は猛攻でリゴンドーをロープまで追い詰めるものの、すぐに横の動きについていけずに注意力が散漫になってしまう。
 
 
リゴンドーのカウンターに脅威は感じていない。
体力面も全然大丈夫。
 
ただ、攻め手がなくてどうにもならない。
 
もう少し左から距離を詰めればいいんじゃないの? などと素人ながら思ってしまったが、残念ながらカシメロにそういう引き出しは存在しない。
 
 
一応勝つには勝ったが、マジでそれだけ。
試合後に喜びを爆発させる姿に「何でお前、この試合でそこまで喜べるの?」と思ってしまったことをお伝えしておく。
 
チャーロ弟とかいう強化版カシメロ。カスターニョと大激戦の末にドローで4団体統一ならず。でも、おもしろい試合だったね
 

酷い試合だった。“リゴンドー大嫌い人間”な僕ですらもトップクラスに嫌いな試合

繰り返しになるが、今回は本当に酷い試合だった。
 
いっさい攻める気のないリゴンドーと、攻める気はあってもその方法を知らないカシメロ。
 
結果は僅差判定、しかも2人のジャッジが真逆の結果を示す際どい試合だったが、はっきり言ってどうでもいい。
 
こういう試合のあとは“カシメロが勝った”勢と“リゴンドーが勝った”勢、さらに「リゴンドーに何を期待していたの?」と横槍を入れる“俯瞰で見てる俺カッケー”勢の三つ巴でのギロン()が展開されるのがいつものパターンだが、今回はそういう光景も見当たらない。
 
もしかしたらどこかでやっていたのかも知れないが、少なくとも僕の目の届く範囲では見つけられなかった。
 
恐らくこれは多くの方が「クソ試合すぎてどっちの勝ちとか知らんがな」と思ったことが原因だと想像する。
 
僕も試合前はリゴンドーのKO、もしくは塩漬け判定勝利を予想していたが、今となっては予想が当たろうが外れようが知ったこっちゃない。
 
僕が人生をかけて嫌っているリゴンドーとThe小者カシメロ。応援はカシメロだけど有利なのは…。でもドネアよりは可能性ありそうだよな
 
はっきりしているのは、“リゴンドー大嫌い人間”を自負する僕にとってもトップクラスで嫌いな試合になったことだけ。
 
全盛期を過ぎたベテランが残された戦力を総動員してプチ復活する光景からはインテリジェンスと哀愁が感じられて心動かされることが多いのだが、コイツの場合はまったくそんなことはなく。
 
 
先日、東京オリンピック2020で金メダルを獲得した女子ボクシング選手に某野球解説者が「こんな競技が好きな人がいるんだね」とコメントして批判を浴びていたが、アレも今回の試合に対してであればめちゃくちゃ適切だったのにww


また、WOWOWエキサイトマッチでジョー小泉の解説を聞かないために「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-+」(ヒプノシスマイク Division All Stars)、「JINGO JUNGLE」(幼女戦記OP)、「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人OP)をリピートしながら観ていたのだが、我ながらこれはナイス判断だったと思っている。

ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-
ヒプノシスマイク -D.R.B- (Division All Stars)
アニメ
¥255

JINGO JUNGLE
MYTH & ROID
アニメ
¥255

紅蓮の弓矢 (第1〜13.5話OP)
mu-ray
J-Pop
¥153

退屈にはアニソン、これ常識だから。
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

Advertisement

 


 

 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!