ドラマ

1/3ページ

アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」感想。秩父三部作? とやらの中では一番好きかな。尖り方と洗練さのバランスがちょうどよかった。坂上拓実のセリフ量エグかったけどw

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」を観た。   〜〜〜〜〜   「心が叫びたがってるんだ。」(2015年)   おしゃべり大好きな少女・成瀬順は山の上に建つお城(ラブホテル)で夜ごと行われる舞踏会に憧れていた。   その日も順がお城(ラブホテル)の前で佇んでいると一台の車が彼女の前を通り過ぎる。ふと車内に目をや […]

アニメ映画「天気の子」感想。新海誠ってガチの脳みそお花畑マンなんだな。「君の名は。」のときは計算してんのか? とも思ったけど

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   アニメ映画「天気の子」を観た。   〜〜〜〜〜   「天気の子」(2019年)   家出少年の森嶋帆高はフェリー「さるびあ丸」で東京に向かっていた。 雨が降る中、甲板に出た帆高だったが、激しい風に揺られてバランスを崩してしまう。だがその瞬間、見知らぬ男の伸ばした手につかまり間一髪命を救われる。     無 […]

「モンキーマジック 孫悟空誕生」感想。ドニー・イェンの演技がすっげえ。これは中国版ネバーエンディング・ストーリーやな

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「モンキーマジック 孫悟空誕生」を観た。   〜〜〜〜〜   「モンキーマジック 孫悟空誕生」(2014年)   魔界の統治者牛魔王は三界の覇権を狙って天界に攻め込んだものの、天帝との一騎打ちに敗れて消滅させられそうになってしまう。だが牛魔王を愛する鉄扇公主の命乞いにより、慈悲深い天帝は牛魔王を許すことに。 鉄扇公主とと […]

映画「サウスポー」感想。リアリティじゃない。アクションは迫力と臨場感。ロッキーシリーズの秀逸さに改めて気づかされる。まさかのあだち充方式かよw

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「サウスポー」を観た。   〜〜〜〜〜   「サウスポー」(2015年)   ビリー・ホープは現在43戦無敗のボクシング世界ライトヘビー級チャンピオン。 彼の強さの根源は“怒り”であり、相手に打たれた怒りを爆発させての逆転勝利を持ち味としていた。   ディフェンスなどは二の次、三の次で壮絶な殴り合いを展開する彼 […]

「普段はグータラだけどやるときゃやる!! キャラ」ランキング。視野の広い冷静なお師匠さまタイプは名言製造機【前編】

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   たま~に思いつきでスタートする○○ランキング遊び。 今回は割と微妙なヤツを思いついたのですが、それでもおもしろそう(僕が)だったので始めてみます。   題して「普段はグータラだけどやるときゃやる!! キャラ」ランキング。   普段はだらしなくて性格もズボラ。グータラな生活態度を周りから咎められることも多いが、ここぞの場面では誰よりも真 […]

映画「負け犬の美学」何か違う。「敗者にも物語がある」に超違和感。“物語”って言葉が嫌いなのもあるけど、勝者こそすべてのリアルが最優先であってほしい【感想】

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「負け犬の美学」を観た。   〜〜〜〜〜   「負け犬の美学」(2017年)   40代半ばを迎えたスティーブの職業はプロボクサー。 とうの昔に全盛期を過ぎ、戦績も49戦13勝3分33敗と大きく負け越し。ここ3年間は勝利がないまま、それでもリングに上がり続ける冴えない中年男である。   当然家計は苦しく美容師で […]

映画「最後の恋のはじめ方」感想。ゴシップ記者の胸糞悪い正義感への後味が最悪。ハートフルなラブコメへの期待感を返しやがれww

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「最後の恋のはじめ方」を観た。   〜〜〜〜〜   「最後の恋のはじめ方」(2005年)   アレックス・ヒッチの仕事は“デートドクター”。女性関係に悩む男性からの相談を受け、その思いを成熟させる手伝いをする恋愛コンサルタントである。   彼の顧客の1人であるアルバート・ブレナマンは、小太りで間の悪い自他共に認 […]

映画「ラッシュアワー」感想。ジャッキー・チェンの香港映画のノリをそのままハリウッドに持ち込んだヤツ。クリス・タッカーのコメディな演技もピッタリだった

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「ラッシュアワー」を観た。   〜〜〜〜〜   「ラッシュアワー」(1998年)   香港警察で働くリー警部は、根気強い操作の末に香港マフィアのジュン・タオに奪われた美術品を取り戻すことに成功する。     だが、その2ヶ月後。 LAの中国領事ハンの娘が誘拐される事件が起きる。 娘を誘拐され狼狽するハ […]

映画「殿、利息でござる!」感想。ハードルを上げ過ぎて失敗した典型例。最初に余計な知識を詰め込むのも考えものだな。羽生結弦の演技はいいけど、若殿様って無能だよね?

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   映画「殿、利息でござる!」を観た。   〜〜〜〜〜   「殿、利息でござる!」(2016年)   仙台藩領内の宿場町・吉岡宿の生活は困窮していた。 財政難の仙台藩からは容赦なく重税が課され、町人の破産と夜逃げは後を絶たない。   京都から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治はそんな町の窮状を見かね、吉岡宿の有志で銭 […]

男なら絶対にやったマンガの必殺技ランキングその3。屋内には校庭以上の夢とロマンが詰まっている。一度は試した無駄にカッコいい技の数々完結編

映画・マンガ・ドラマ記事一覧   過去2回、完全なる自己満足のみで続けてきた「男なら絶対にやったマンガの必殺技ランキング」。 男なら一度はマネした人気マンガの必殺技をシチュエーションごとに回想しているわけですが、今回はその第3弾となります。   →男なら絶対にやったことあるマンガの必殺技ランキングその1。最強の必殺技には男のロマンが全部詰まっているのである →男なら絶対にやった […]

1 3