ベルデホ堕ちる…。ロサダに10RTKO負け。復帰戦で番狂わせ、キャリア初黒星を喫する。観てるだけで息切れが止まらん【結果・感想】

NO IMAGE

朝日イメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2018年3月17日(日本時間18日)、米・ニューヨークで行われたライト級10回戦。
元WBO世界ライト級1位のフェリックス・ベルデホがアントニオ・ロサダJr.と対戦。10R2分37秒でTKO負けを喫する番狂わせが起きた。
 
 
約1年ぶりの復帰戦を迎えたベルデホ。
長身のロサダを相手に、序盤から軽快なステップで得意のカウンターを放っていく。
対するロサダも、ベルデホの強振に怯まず打ち下ろし気味の左を中心に前に出続ける。
 
両者決め手を欠き、ベルデホがやや有利を保ったまま試合は進む。
 
ところが、ベルデホに疲労が見え始めた後半、ロサダの左が徐々にベルデホの顔面をとらえるシーンが目立つ。
 
そして10R。
ロープ際でロサダの左を被弾したベルデホが崩れ落ちるようにダウン。
何とか立ち上がるが、疲労とダメージで足元がおぼつかない。
 
一気に攻勢を強めるロサダに対し、防戦一方のベルデホ。
最後はコーナーでワンツーを被弾し、頭を下げて後退する姿を見てリングドクターがストップをかける。
 
10R2分37秒、アントニオ・ロサダJr.の勝利が決定した。
 
「パウンド・フォー・パウンド(PFP)決定。僕のPFPを考えたので、発表してみる【2018年3月現在】」
 

ベルデホの負け方としては「しゃーない」けど、ロサダは負けちゃいけない相手だった

しかし、これは……。
何とも言えないというか、コメントしにくい試合だなぁと。
 
交通事故や相手選手の怪我など。不運が重なりキャリアが停滞していたフェリックス・ベルデホの久しぶりの試合ということで、個人的にも注目していたのだが。
 
ベルデホらしい試合だったと言えばその通りだが、この負け方はちょっと……。
 
「まさか負けるとは」
「でも、この負け方はしゃーないかな」
 
両方の感情が入り混じる妙な試合だった。
 
「決まっちゃったよw ロマチェンコvsリナレス。相性は悪くないけど、実際は難しいかな。階級の壁を見たいよね」
 
相手のアントニオ・ロサダJr.については、ぶっちゃけそこまでの選手じゃない。
 
長身で腕も長く戦績もいい。
いい選手には違いないが、それでも同じ長身のロバート・イースターJr.への挑戦を目論んでいたベルデホが負けていい相手ではない。
 
「ジョシュアがパーカーを子ども扱い。パーカーはがんばったけどやっぱり2m無双。結局こうなっちゃうんだよな」
 
実を言うと、僕はこの選手の過去の試合をちょろっと観て「これならベルデホが勝つだろ」と決めつけていた。
 
それがまさかの結果。
繰り返しになるが、今回はベルデホらしい負け方だったと同時に、絶対に負けてはいけない相手だった。
 
「ララvsハードが決定しただと……?! さすがS・ウェルター級だなオイ。こんなビッグマッチがサラッと決まっちゃう激戦階級」
 

キレッキレのカウンターとインサイドでのグダグダさ。左リードが皆無な鮮烈ボクシング

僕が思うフェリックス・ベルデホの特徴としては、
 
・パンチのキレとカウンターのセンスは凄まじい
・足も速く、左右への動きとそれを継続するスタミナもある
・リードの左があまりに少なく、相手の前進を止める術がない
・接近戦が苦手で、懐に入られるとできることがなくなる
・結果的にカウンターの1発に依存せざるを得ない
・持って生まれた華やかさ、スターの資質は十分
 
という感じだろうか。
 
身体能力は高くセンスも抜群。得意のカウンターのキレは凄まじい。
ただ基本的にはそれだけで、自分の得意技を活かすためのプロセスは皆無。
 
「ライアン・ガルシアとかいう右構えの清水聡がジェイソン・べレスに苦労しつつも3-0で勝利。打倒デービス? マジで?」
 
鮮烈なカウンターと全身から放つ主人公感には目を奪われるが、反面、才能に依存したボクシングで穴や脆さも目立つ。
 
スーパースターの要素をこれだけ持ち合わせているのに、本当に惜しいなという印象の選手である。
 
「プログレイスがインドンゴをボッコボコで初戴冠。まんま山中vsルイス・ネリだったな。相性の悪さがモロだった」
 

やれることを愚直にやり続けるアントニオ・ロサダはよかった。ちょっと江藤光喜とイメージが被るかな

そして今回の対戦相手のアントニオ・ロサダJr.だが、ぼちぼちよかったのではないか。
 
左右に動く相手の正面に回り込み、左を出しながら前進を続ける。
長身を活かした打ち下ろしにボディを織り交ぜ、ベルデホのスタミナを徐々に削っていく。
 
「そこまでの選手じゃない」「ベルデホは絶対に負けてはいけない相手」などと言っておいてアレだが、試合内容はすばらしかった。
 
「ダラキアンvsビロリア、ニエテスvsレベコ、ビーモンvsラモス、ラミレスvsアメドなど。やっと観たのでまとめて感想を書いていくぞ」
 
センスがあるタイプには見えない。
足の運びもバタバタとしていて、フィジカル面も心もとない。
恐らく持って生まれた才能だけなら、ベルデホとは雲泥の差があるのだと思う。
 
それでも、自分ができることを根気よくやり通すメンタルは普通にすばらしい。
個人的に「長身のがんばり屋さん」でパッと思い浮かぶのは日本の江藤光喜なのだが、今回のロサダはちょっとイメージが被る気がする。
 
「マイキー・ガルシア4階級制覇達成!! リピネッツに3-0で勝利。やっぱりS・ライト級ではスペシャル感は薄れるよな」
 

実はベルデホが一番遭遇してはいけないタイプだったかな。というか、これまでのマッチメークが緩過ぎたか

特に今回のロサダは、前進しながら左リードを連打できるのがよかったと思う。
 
申し上げたように、ベルデホはリードをほとんど打たないカウンター一辺倒の選手。
 
ロサダの1発目の左に渾身のカウンターを合わせ、前進を止めにかかる。
だが、ロサダはそこからさらに踏み込み、もう1発追撃のパンチを出すことができる。
 
これをやられると、ベルデホは一気に苦しくなる。
マン振りのカウンターが抑止力にならず、インサイドでの対応力が皆無なために横に逃げる以外に方法がない。
 
「野獣ワイルダーがオルティスを豪快KO!! やべえ、おもしろかったww オルティスは勝たなきゃダメな試合だったな」
 
ロサダが前進し続け、ベルデホが左右に逃げ続ける。
 
「ベルデホ堕ちる…。ロサダに10RTKO負け。復帰戦で番狂わせ、キャリア初黒星を喫する。観てるだけで息切れが止まらん」
 
足を踏ん張って全力で腕を振り、すぐさまサイドに動く。
正面に立たないように足を動かし続け、空振り覚悟のフルスイング。
 
こんなことを続けていればスタミナ切れを起こすのは当たり前だし、むしろよく10Rまで持ちこたえたくらい。
 
「バルデスvsクイッグ感想。体重超過でパツパツのクイッグがバルデスに判定負け。体重超過に対するペナルティが緩い理由?」
 
マジな話、ロサダがベルデホのフルスイングに怯むそぶりすら見せなかったのは何か理由があるのだろうか。
早い段階でタイミングを把握したのか、それとも単純に勇気を持って踏み込んだのか。
とにかく得意のカウンターが抑止力にならなかったことで、ベルデホは強制的に持久走を強いられる展開に追い込まれてしまった。
 
「感動しちゃったよシーサケットvsエストラーダ。引き出しの多いエストラーダをシーサケットがテーブルごとひっくり返した」
 
・自分よりも上背があり、
・動きながら左の連打が出る
・フルスイングのカウンターに怯まない
 
「サダム・アリの初防衛戦はリアム・スミス。やっとタイトル獲得したのにいきなり試練。アリさんvsスミスさんの行方?」
 
これまで「突進力がなく自分よりも小さい」相手をカウンターで葬ってきたベルデホにとって、恐らくロサダは一番当たってはいけないタイプ。
 
というより、相手を厳選し過ぎていたせいで、弱点が表面化しなかったと言った方が正解か。
 
「ボクシングの体重超過が完全に様式美な件。体重超過を減らすには? やらかすメリットを削ればいいんじゃないの?」
 

ダニー・ガルシアを目指すしかない? のか? それでも、左リードの少なさは致命的だけど

まさかのKO負けを喫したベルデホだが、割とガチで今後はどうすればいいのか。
 
「ダニエル・ローマンvsフローレスがちょっと楽しみな件。フローレスのフルスイングがドンピシャで当たればひょっとして…」
 
とりあえず、パッと思いつくのはダニー・ガルシアを目指すことか。
切れ味十分のカウンターとよく動く足があれば、覚醒すればダニー・ガルシアの上位互換になれる(気がする)。
 
「ダニー・ガルシアがリオスをKO! はぁ~、すっごい。パワーレスなくせにカウンターはヤバいw 村田vsカネロもこんな感じ?」
 
ただ、どちらにしてもこの左の少なさは致命的ではある。
得意のカウンターを打つにしても、フリーパスで間合いを潰される今の状況はかなりキツい。
 
スペースを確保するためにひたすら左右に動き回り、スタミナ切れを起こしたところで打ち下ろしをドカン。
相手の強度が上がるにつれ、左リードの少なさがますます影響している。
 
「バルテレミーvsレリク、グローブスvsユーバンクJr.を観たので感想を。バルテレミーさんの体調の悪さとグローブスの泥仕合ww」
 
ちなみにだが、日本の井上尚弥は、
 
・ダビド・カルモナに猪突猛進ゴリ押しファイトを封じられ、
・ペッチバンボーン戦で接近戦が苦手なことを露呈し、
・それと引き換えに、強烈な左で相手を突き離すスタイルを見つけ、
・河野公平戦で「左でスペースを確保」→「下がりながらのカウンター」というパターンを確立した。
 
マッチメークのヌルさを批判されることもあるが、何だかんだで課題を克服していることがわかる。
 
まあ、その後の3戦はカウンターを出すまでもなく、ほとんど左だけでねじ伏せてしまったのだが。
 
「リトアニアの井上尚弥、カバロウスカスがアバネシャンを6RKO。いや、でも日本の小原佳太なら勝てるんじゃないの?」
 
それに対し、ベルデホは得意のカウンターを活かす術を得ないままここまできてしまった。
 
これがいわゆる過保護マッチメークの弊害というヤツか。
 
「期待のライアン・ガルシアを観たのでその印象を。キラキラ七三プロスペクトはデラホーヤさんの大のお気に入り?」
 
それとも、この挫折をきっかけに一気に爆発するのか。
何とも言えないところである。
 
 
何度も言うが、この選手の全身から発せられる華やかさはマジですごい。
ボクシング界のスター候補として、何とかがんばってもらいたい気はする。
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 

 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!